• ホーム
  • SEO対策に重要な「被リンク(バックリンク)」を解説

SEO対策に重要な「被リンク(バックリンク)」を解説

PCの画面を見ている男性

Googleからの評価を得るには、良質なコンテンツやナチュラルリンクなどユーザーファーストの観念を意識しながら、SEO効果も意識すると自然にホームページの評価が見込めます。Googleの基準をもとにしてSEO効果のポイントを精査し、被リンクなどの必要な対策を探していきます。
ベースとなっているものはナチュラルリンクや外部サイトです。評価を上げることでユーザーからコンテンツに対して、共感を持ってもらうとユーザーのコンテンツで紹介してもらえる確率が高くなります。ここで紹介されたものをナチュラルリンクと呼び、被リンクの中でも最も効果的なものと言えます。バックリンクなどチェックツールを踏まえて、最終的に評価されることが目的で、紹介されることは一つの目的となります。
リンクはSEO効果にそって行い、外部サイトやバックリンクなどの基準を満たすように進めていきます。チェックツールを使いながら、ナチュラルリンクを集めることは最終的にGoogleからの評価を得ることにもつながります。被リンクをもとにしながらコンテンツを精査し、検索機能に対してサイトのコンテンツがいかに重要であるかを判断します。ユーザーがサイトに貼っているリンクを基準としていることから、ナチュラルリンクが自然に集まるようなコンテンツを作っていくことが評点につながっています。
SEO対策に取り組んでいる点を踏まえると、コンテンツの質を上げたり良質なコンテンツをもとにして集めることが、大きなポイントとなります。Googleで評価されるには良質なコンテンツを増やし、オリジナリティを高めていくことも大切です。ユーザーが検索窓に入力するキーワードに対して、チェックツールなどをマッチさせて提供していくと紹介される確率も高くなります。競合サイトの傾向を意識しながら、良いところは自分のコンテンツに取り入れていくこともできますし、Googleに評価されているサイトとしての立ち位置を確立することができます。
サイトのページタイトルやコンテンツの内容を参考にしながら、ナチュラルリンクがついているものを意識します。コピーをすることは厳禁ですしさらに評価を下げたり、ペナルティが科されるケースもあるので注意が必要です。しかし傾向を採用することは良いことで、さらに独自性を持たせているコンテンツを作り上げます。サジェストなどの関連用語を入れることや、単語数を増やすこともポイントです。