• ホーム
  • SEOの禁じ手!ブラックハット手法とは

SEOの禁じ手!ブラックハット手法とは

パソコンを使用している男性

ブラックハット手法はSEO対策をとるにあたって、たくさんのデメリットがありGoogleではペナルティを受けるリスクもあります。その中でウィジェットベイトはブログパーツと呼ばれることもありますが、ブログやサイトに貼り付けて使用する部品のようなものです、リンクベイトは意図的に話題を操作し注目を集めることによりリンクを集めていく手法で、論争などを激しくするために巻き起こしの意見を述べるようなことも、リンクベイトの一つとなります。
ひとつ間違えるとトラブルに発展する可能性もありますが、ウィジェットベイトは無料でウィジェットを配布しています。設置されているサイトからリンクを得る方法になり、コードの中に作成者のリンクがワードサラダで仕込まれている隠しテキストの可能性もあります。
これを貼り付けることで必ず利用者のサイトから被リンクを得る仕組みになっていて、有益なウィジェットにより、隠しテキストが挿入されていることを利用者に伝えていれば問題ないと言う人もいます。
ユーザーに隠した状態でリンクを忍ばせる方法はブラックハットとなるのでペナルティの対象となってしまいます。
コメントスパムはブログについているコメント欄や掲示板に、ブログと関係ない広告やリンクなどを投稿することです。手動でひとつひとつ行う場合や、プログラムを利用することで自動的にたくさん投稿する方法があります。コメントや掲示板に書き込みするような装いで、リンクを含んでいる内容を投稿するので自動リンクされるように細工したり、コメントフォームに有料リンクを貼り付けたりするケースも見られます。
トラックバックなどは大手のブログサービスやクローキングなどで管理されているサイトでは、事前に管理人がチェックしてから掲載するようなシステムもあります。投稿されたコメントがサイト上に直接掲載されてしまう場合は、コメントスパムに出会う確率が上がります。リンクファームなど新しい記事に対してのコメントは必ず確認しても、古い記事になるとコメントを確認せずクローキングなどでスルーすることもあります。
トラックバックの中にコメント書き込み対象の検索エンジンを利用してリンクファームなどで、コメントを投稿する場合もあるので注意が必要です。この条件によりコメントスパムを投稿していてもワードサラダなどで書き込んでいくことがあり、有料リンクはGoogleのアルゴリズムで、ペナルティの対象となるケースも見られます。