• ホーム
  • SEOで重要な「内部対策」について詳しく知ろう!

SEOで重要な「内部対策」について詳しく知ろう!

Googleクロウラーはウェブページを巡回しながら、それらの情報をインデックスしていくロボットのことです。主にリンクをたどりながらサイトマップにし、ページ上を巡回していくことになりますが、全てのサイトやページを見ることは不可能です。Googleクロウラーに効率よく重複しないように、必要なページだけを中心に巡回してもらうことが最善です。パンくずリストやサイトマップは内部リンクに通ずるものがあり、サイト構造にも影響しています。
クロウラーの巡回頻度は内部対策によっても変わりますが、検索順位が決まることはないので、上位表示されいているページのみ無駄のないように巡回します。タグやクロウラーにとってもわかりやすいサイトにしておくことが、検索順位にとっても有利となっています。
上位表示されるページは基本的に、内部リンクやサイト構造によりますがGoogleメインの検索エンジンが存在しています。画像をクロウルするものや他のもので行うクロウラーも存在しているので、SEO対策を行うときには、Googleがメインとなっているものを対象とします。特に種類を気にすることがないのですが、理由がありそれぞれを拒否することはあります。
パンくずリストは内部対策で重複しないように、次のクロウラーがページをクロウルするようになっています。これはページを巡回しながら情報を収集していくことを意味しており、検索エンジンのデータベースに登録されることになります。Googleのアルゴリズム要素をベースにして画像やタグなどの、検索結果にランキングされながら表示しています。SEO対策では検索結果に表示させるためのクロウラーに来てもらう必要があり、インデックスをしているか確認します。検索エンジンが認識しているページを表示するので、インデックスされていない場合はリクエストしてみることで、状況が変わることもあります。
検索結果に最新の情報が表示されるときは、クロウルが巡回した可能性があり検索ワードに対する適切なコンテンツも評価します。アルゴリズムによりランキングしていますが、公開してすぐのページであれば巡回する前に検索結果には表示されません。
日時はGoogleの検索結果から調べているページのURLの右側に表示されるところから入り、クリックすればクロウルされた最新日時がわかります。内部対策はこれだけにとどまらず、あらゆる角度から見ることができます。