• ホーム
  • 初心者必見!コンテンツを作る上でのSEO対策指南

初心者必見!コンテンツを作る上でのSEO対策指南

正しいキーワードを選ぶことについて、様々なSEO対策が挙げられますがキーワード選定はとても大切な位置付けです。Googleから獲得するだけが目的ではなく、コンテンツを競合よりもたくさん顧客に与えることが大切になります。これだけが必要な作業になっていても、多くの人が間違えているステップを踏んでいる可能性があります。
キーワード選定を間違えてしまうと、ターゲットユーザーが使うキーワードすらわからなくなるケースもあります。あらかじめユーザーが使うであろうキーワード選定をしておき、それをキーワードプランナーで調べることができます。SEO対策としても有利で、検索ボリュームや競合性を見ることもあります。これからの市場で使用されるもので効果的なものやキーワードを探すためのテクニックとして利用されます。
文字数などはSEO対策をとるにあたって大切なものですが、初心者にとっては記事を作ることから始める必要があります。ジャンルの中で使われている適切なキーワードを探すことができるツールで、競争度が低くコンバージョンが高いものが有利です。選択しているキーワードで最適化しているコンテンツを作り、文字数を気にした記事を初心者なりに作成していきます。準備の段階で弱点があることも理解しておくことが大切で、それを補うツールを調査して使います。調査をする時に検索したキーワードを生み出すことができないので、ユーザーが使いそうなものを準備しておきます。
ターゲットは直接的でも、関連性が高いものを表示しておりキーワードプランナーは間接的に関連するようになっています。全ての人に同様の検索結果を表示しますし、大きな分析はしていないので最大の問題点がそこにあると言えます。同様の検索結果を分析することで、競合相手も同様の検索結果を見ていることになります。結果の質が同様ということは、全ての人が同じキーワードの検索上位を狙うことになり、激戦キーワードが生まれてしまいます。
質によってもこの問題を解決することができ、キーワードプランナーで探すことも可能です。キーワードリサーチや戦略はたくさんありますが、その中でも推奨されるのが競争度ができる限り低く、コンバージョン率が高めのものやロングテールを探し出します。これはキーワードプランナーの目的でもあり、さらにSEO対策の面から見てとても有利になります。初心者でも文字数を合わせて記事を書くことで、簡単に取り入れることが可能です。