• ホーム
  • ドメインには中古がある?中古ドメインとSEO効果

ドメインには中古がある?中古ドメインとSEO効果

色々なSNSサイトのロゴ

ドメインには中古があり過去にサイト運用などで使用していたドメインの所有者が、期限切れなどの理由で手放したドメインのことを指しています。
一度使用されたことがあるドメインということで、期限切れドメインやオールドドメインとも呼ばれることがあります。
中古ドメインが選ばれている理由は、SEOに中古ドメインは効果的という事実があるからです。
ドメインエイジ・バックリンク・インターネットなどのドメインパワーをすでに所有しているので、1からドメインを育てていかなくても良いということになります。
新規ドメインを取得してサイトを運用する場合は、1から始める必要がありますが、目的に合っている中古ドメインを利用することで効果的にSEO対策に寄り添うことができます。
目的や用途に合った中古ドメインを選定しながら、ドメイン運用履歴をしっかりと確認します。
インターネット内でのインデックスや被リンクがついていることがメリットになりますが、それらは良質のものばかりではないので良いものを選定することが大切です。
利用したい文字列やオリジナルのものがあるので、中古ドメインを選ぶケースもあります。
被リンクやインデックスなどのドメインパワーを持っている中古ドメインは、持っていないものに比べるとサイトをスタートするときには、コストパフォーマンスの面から見ても優れています。
検索順位の上位化やもともとドメインが持っている評価・住所などもGoogleのアルゴリズムで良い結果となります。
質を調べるにあたって様々な要素を見ることがありますが、ツールや数値・スコアには現れていないメリット・デメリットも存在しています。
上位化の質が担保されているものを利用すれば、初めから高評価で住所などもあります。
サイト構築・運用を行うことでリスクを生じさせることが少数派で、アフィリエイトサイトなどで新規ドメインを得るよりは最も有効的です。
質の悪い中古ドメインであれば、ペナルティの対象となったり上位化が確立できない可能性もあります。
質の悪いものを買ってしまわないように、色々な角度からドメインを調べていくことが必要です。
それと同時に中古ドメインからのペナルティや価値的なものを見抜く必要があり、GoogleなどでSEO効果を最大限に生かすことも、並行して行っていくことが最善です。
中古ドメインのことを知りうまく利用することで、SEO効果をもっとも利用できる媒体になります。