• ホーム
  • 【SEOの基本】Googleの検索アルゴリズムを知る

【SEOの基本】Googleの検索アルゴリズムを知る

カーソル

Googleの基本であるガイドライン違反はペナルティ措置がとられ、運営元から手動で行われるものとアルゴリズムにより行われる自動のものがあります。Googleのアルゴリズムは常にアップデートを繰り返しており、判別もウェブマスターツールの通知を確認して調べるのみになります。
意図的にプログラムから検索順位を下落させたり変動させることですが、手動の場合はメッセージが届いているので簡単にわかります。メッセージの通知が規定内非公開の場合は、アルゴリズムなどのプログラムによる自動で行われた可能性があります。最新のメッセージや大きな問題はなく、アルゴリズムは基本的に非公開になっているのではっきりとわかることはありません。検索流入数が減った時は自動で行われたペナルティ措置の可能性が高まり、アップデートをしているアルゴリズムを確認していく必要があります。検索順位が下落した原因は、項目の可能性があるので見極めが必要です。
最新の検索ユーザーで作成されているコンテンツに興味を持っているか確かめることで、一時的に検索順位を上げることがあります。これは大量の記事を公開している数ヶ月後にアップデートされ、たくさんの項目に変動があり下落している場合はこの可能性も考慮します。不自然なリンクを手動で行う時の対処法は、ガイドライン違反ペナルティ措置の解除方法を知っておく必要があります。悪意を持っていなくてもガイドラインに違反してしまう可能性は誰にしもあり、ペナルティを受けることも存在しています。悪質なことを常に行なっている場合は別問題として、サイトの修正や再審査リクエストで手動により確実に復活することが可能です。
Googleのペナルティ措置でスパム判定を受けた時は、Googleとのやりとりを行い申請用メールテンプレートも付いています。どのようなやりとりをすれば良いのかも、この方法を知ることで瞬時にわかります。手動ペナルティを受けている時の対象方法はGoogleのスパム対策で、知識を高めることでサイトのアクセスに貢献することができます。他のサイトでも成果が出た場合は、様々な対策をとっていく必要があります。
ペナルティ措置は対策の有無よりも、経験値が大切で扱っているサイトにより抱える問題も大きくなります。行なっている対策が非公開のケースもありますが、検索順位を気にかけながら蓄積した項目で常に提案・改善を行っていくことが大切です。